カテゴリー
書籍紹介 人文・思想・宗教

『なぜ、私たちは新型コロナウイルスを与えられたのか』鈴木秀子・原邦雄(共著)

価格 : 1,300円 (税別)

なぜ、私たちは新型コロナウイルスを与えられたのか?

  • 著者 : 鈴木 秀子/原 邦雄
  • ページ数 : ページ
  • 出版社 : 英智舎
  • 発売日 :
  • 言語 : 日本語
  • ISBN : 978-4-910165-02-8
  • JAN : 1920095013008

※なお、発送は書籍の発売日以降となります。

内容紹介

世界で未曾有の事態を引き起こし、今もなお恐怖を与え続けている新型コロナウイルス。 今、世界でウイルスとの共生が求められています。
シスター鈴木秀子とほめ育の原邦雄の2人が、ウイルスと共生するとはどういうことか。 そして「1日1ほめ」3つの感謝で不安や恐怖にまみれた時代の中で、小さな幸せを見つけるノウハウを、本書で語りかけます。

著者について

●シスター 鈴木秀子

東京大学人文科学研究科博士課程修了。文学博士。
フランス、イタリアに留学、ハワイ大学、スタンフォード大学で教鞭をとる。
聖心女子大学教授(日本近代文学)を経て、国際コミュニオン学会名誉会長。
聖心女子大学キリスト教文化研究所研究員・聖心会会員。文学療法、ゲシュタルト・セラピスト。
日本で初めてエニアグラムを紹介。全国および海外からの招聘、要望に答えて、「人生の意味」を聴衆とともに考える講演会・ワークショップで、さまざまな指導に当たっている。

●原 邦雄 一般財団法人ほめ育財団代表理事
株式会社 スパイラルアップ 代表

日本初の教育メソッド「ほめ育」を開発し、世界17カ国(300社)に広めている。 また、チャリティーを目的に財団を設立し、カンボジア・宮崎・秋田などへ定期訪問をし、イベントや教育支援を行う。著書10冊。連載多数。 企業顧問を中心に、年間250回以上の研修や講演を行う。
家族との時間を大切にし、自身もトライアスロンなど、心身ともに精力的に活動中。テレ朝報道ステーションやNHKにも登場。カトリック夙川教会に所属。

【本書の構成】
第1章 新型コロナウイルスと共生する生き方
第2章 1日1ほめ 3つの感謝
第3章 カトリックの教えと「ほめ育」
終 章 ありのままの自分を愛する 

〜著者からのメッセージ〜

「ほめる」ということには激動の時代を生き抜く力があります。 読者のみなさまも、ご家庭の中で、 常日頃から当たり前のことを口に出してほめ、 それを習慣として身につけていただけたらと思います。 そして、そうした人が増えていくことによって、 これからの日本や世界が大きく変わり、 素晴らしい未来が作られていくのではないかと思います。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です